« 法華経寺祖師堂 | トップページ | 曹源寺さざえ堂 »

2005年9月21日 (水)

瑞聖寺大雄宝殿

東京都港区白金台3-2-19
1757

 東京都港区白金台にひっそりと建っているお寺がある。祖父母が高輪に住んでいたので散歩に立ち寄ることがあったから知っているが、そうでなければ私も知らないままだっただろうと思う。瑞聖寺というそのお寺だが、実は少し珍しい建物がある。

 このお寺は禅寺で、黄檗宗という宗派に属する。黄檗宗はインゲン豆を伝えたことで有名な隠元禅師が江戸初期に日本に伝えた。禅というと日本では鎌倉時代に栄西が臨済宗を、道元が曹洞宗を伝えていて禅宗の寺院もたくさんある。
 しかし、黄檗の寺院建築はいわゆる禅宗様とは少し趣が異なる。デザインに中国テイストが強く、大陸の薫りが濃密に表わされている感じだ。この瑞聖寺でも両端の丸窓や梁からぶら下がった魚鼓、本殿前の白い丸石を敷き詰めた月台と呼ばれるスペースにそれが伺える。やはり、開祖が日本人ではなく中国人であったことで純粋な形式が伝わったのかも知れない。磯崎新風に言うなら和様化されていないということだろう。

 今では寺域の小さな瑞聖寺だが、かつては多くの建物を持って大伽藍を誇っていたという。京都宇治の萬福寺では見事に伽藍が残されていて、その雄大な境内の空気を存分に堪能出来るのだが、ここ瑞聖寺ではそれは想像を働かせてみるしかない。惜しいと思わざるを得ないが、言っても詮無い。本格的な黄檗建築が遠方まで行かなくとも見られるだけで感謝しなければならない。

|

« 法華経寺祖師堂 | トップページ | 曹源寺さざえ堂 »

コメント

瑞聖寺とは、随分僕の地元まで来ていたのですね。お寺から僕の事務所は歩いて5分と掛かりませんから。瑞聖寺の和尚さまは知り合いで、お寺のHPから僕の事務所のHPにもリンクを貼ってもらっています。今度こちらに来た時には、是非連絡してみてください。

投稿: カガミ | 2005年9月22日 (木) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法華経寺祖師堂 | トップページ | 曹源寺さざえ堂 »