« 白水溜池堰堤 | トップページ | 「国宝 源氏物語絵巻」展 五島美術館 »

2008年5月27日 (火)

サンタ・キアラ館

Fi2620007_1e 茨城県日立市大みか町
1974 白井晟一

 その建築家が生涯にわたって建てたもの全てを見てみたい、と思うことはそんなに多くありません。 でも、この人は別です。

 生業として建築を建てていると、どうしても手掛けざるを得ないような類の事例が白井の場合にはほとんどありません。それは彼が純粋な意味での建築家だった事を示しています。そういう意味で彼の建築は「作品」であると言ってしまってもいいかも知れません。

Fi2620007_2e  類似例としては生業としての建築家ではない藤森照信あたりも似ています。彼のキャラクターの向こうに隠されてはいますが、やはりあれも「作品」だと思います。

 茨城県西部、海からほど近い大学のキャンパスに建つチャペル、サンタ・キアラ館。

 外観に煉瓦積みの湾曲した壁が見えてくると胸は高まります。そこに濃密な空間が内包されているのは間違いないでしょうし、曇天もまた白井の建築には良く似合いました。

 重厚な入り口の扉をくぐります。白井の建築にはなまめかしい色気があります。そういえば、村野藤吾の建築にも時折感じるものです。

Fi2620007_3e  チャペルの椅子に座り、まるで飽きずにその空間に身を浸し、直喩とも思える少し聖堂には不似合いな天井を見上げていると、静謐さが沁み込んでくるような感覚を覚えました。恍惚と出来る空間です。

|

« 白水溜池堰堤 | トップページ | 「国宝 源氏物語絵巻」展 五島美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白水溜池堰堤 | トップページ | 「国宝 源氏物語絵巻」展 五島美術館 »