展覧会

2011年1月16日 (日)

「100かいだてのいえのどうぶつたち」展 井の頭自然文化園

Dsc00692
 ものすごく風の冷たい一日でしたが、子連れで井の頭動物園に出掛けてきました。動物達も寒くてあまり動きませんし、私達も熱帯鳥温室に逃げ込んだりしていました。

 いま園内の資料館で面白い展示が行われています。最近評判の絵本『100かいだてのいえ』と『ちか100かいだてのいえ』に登場する動物達の本物を、大きなパネルにした絵本にはめ込むようにして見せるのです。言葉にすると面白さは伝わらないのですが、百聞は一見に如かずです。楽しめました。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=16652

 ちなみに同時開催という形で、絵本の原画などの展覧会「100かいだてのいえのひみつ」展が武蔵野市立吉祥寺美術館で開かれています。そちらも見てきましたが、小規模の展示ながら特にこの絵本を読んだことがない人には面白い展示だと思います。以前伊勢丹だったビルにオープンしたショッピングモールであるコピスの7階で開かれています。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

| | コメント (1)

「モネとジヴェルニーの画家たち」展 Bunakmuraザ・ミュージアム

 渋谷で開かれているモネの展覧会に出掛けてきました。混んでいるのかなと思っていましたがそうでもなく、快適に見てくることが出来ました。

http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/10_monet/index.html

 モネが後半生を過ごしたジヴェルニー村が、モネを慕って世界から集まってきた画家たちで賑わったこと。そしてその画家達の大半がアメリカ人であったことなどを背景にした展示で、目新しい角度からの構成が大変良かったと思います。

 展示としては最後にまとめられているモネの『睡蓮』連作もさることながら、積みわらを描いたモネとブレックの作品はとても美しくて、特に同じ場所で様々な時間の積みわらを観察したブレックの習作は楽しいものでした。
 
 会期末が近付くとひどく混むようなので、興味があれば早目に出掛けた方が良さそうです。この美術館は入場料の設定が高めですが、コレクションを持たない私立美術館として採算を確保するためにはやむを得ないのでしょう。

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

「国宝 源氏物語絵巻」展 五島美術館

Dsc00687
 上野毛の五島美術館が12月から2年あまり改修工事に入るため、長期閉館になるのですが、それを前に企画されたのがこの源氏物語絵巻の展示です。名古屋の徳川美術館から貸与を受け、現存する全てがここで見られます。

http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html

 当然といえば当然なのですが、非常に混んでいます。HPで混雑状況が見られるようになっていますが、ある程度並ぶのは覚悟したほうがいいでしょう。ただ、並ぶ列に沿って絵巻の解説パネルが並べられているので、待っている時間もあまり苦になりません。素晴らしいアイデアだと思います。

 絵巻は保存状態の厳しいものもありますが、平成復元模写が並べて展示されており平易です。いわゆる引目鉤鼻で表情に乏しい絵巻の登場人物達ですが、そこに描かれた室内の様子や調度品は非常に興味を引かれるものでした。

 同じ絵巻でも『信貴山縁起』や『伴大納言』の方が活劇的で面白いのは間違いありません。しかし、『源氏』には貴族の生活が同時代の作者の目で描かれていて、それに注目して楽しんできました。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

展覧会 | 建築